こんにちは!京都府八幡市の株式会社京建基礎です。
弊社は京都府八幡市に拠点を置き、深礎工事・基礎工事を主力業務として請け負っております。

弊社は深礎工事という特殊な業務を手がけてきた経験と、これまで培ってきた技術力や知識を活かし、現場環境に適した行動ができることを強みとしています。
深礎工事の施工品質が、建築物・構造物の安全性を左右するといっても過言ではありません。
弊社は深礎工事のプロフェッショナルとして、安心して見守っていただける施工をお約束いたします。

ここで、弊社の業務内容を簡単にご紹介します!

業務内容

◎A工法(人力掘削+テレスコクラムシェル排土)

坑壁を山留材で支えながら掘削し、坑内で鉄筋を組み立ててコンクリートを打設するということが、A工法の主な施工の流れです。
使用する機械や資材は日々進化しており、歴史がある一方で最先端を歩み続ける工法でもあります。
高速道路や橋梁工事・建築物や鉄塔などの基礎工事など、幅広い現場で採用されています。

◎地すべり対策集水井

弊社では、地すべり対策の集水井工事も請け負っております。
地すべりは広い区域に深刻なダメージを及ぼす自然災害ですが、この被害を食い止めるのが地すべり対策集水井工事の役目です。
弊社が請け負っている集水井工事は、地下水を地上に排出するための井戸を掘る抑制工事のなかでも、特に効果が高いといわれる施工です。

◎上下水道立杭

マンホールの設置工事や上下水道・電気・ガス工事を行うために、道路に大きな穴をあける工事も行っております。
スピーディーに作業を行いながら、現場周辺の道路を利用される方々のための安全対策も徹底しております。

◎障害撤去工事

深礎工事や地すべり対策集水井工事などの掘削時に、地中に埋まっている障害物を撤去する作業も行っております。
撤去にあたっては現場の規模や状態に合わせて最適な工法を選び、迅速に処理いたします。

◎C工法(人力掘削+三脚櫓排土)

C工法とは、掘削するための重機が入ることができない場所で行う人力掘削作業のことです。
弊社では業務が円滑に進むよう、さまざまな工夫を行い施工をしております。

弊社は京都府八幡市を拠点に、北は北海道から南は沖縄まで日本全国の現場に対応しております。
また、親密なコミュニケーションによる信頼関係の構築に努めております。
日本の未来を切り拓く業者として、 これからも社会に貢献してまいります。

今後とも株式会社京建基礎をよろしくお願いいたします。


株式会社京建基礎
〒614-8001 
京都府八幡市八幡科手7-10号地2 丸菱第2ビル2階
TEL:075-925-5472 FAX:075-925-5473